コミュニケーションロボット コーディーロッキー ■自宅学習応援割引中■ codey rocky-JP makeblock P1030034
5d1b2394aa58a829b05f88a7 5d1b2394aa58a829b05f88a7 5d1b2394aa58a829b05f88a7 5d1b2394aa58a829b05f88a7 5d1b2394aa58a829b05f88a7 5d1b2394aa58a829b05f88a7

コミュニケーションロボット コーディーロッキー ■自宅学習応援割引中■ codey rocky-JP makeblock P1030034

残り1点

¥13,750

¥9,213 税込

33%OFF

送料についてはこちら

このロボットは、mTinyとmBotの間にある機種です。mTinyのように簡単ではなく、mBotのように無限の拡張性があるわけではありません。立ち位置的にはコミュニケーションロボットといった方が正しいように思います。LEDで表情をつくったり、音楽を演奏させたりと子供たちの”楽しい”を表現してくれるロボットです ただしかしながら、本気でプログラミングをするとPython(AIに強いプログラミング言語)でがっつりプログラミングすることも可能なのでその用途は見た目以上かもしれません 個人的にはプログラミング初心者の大人ががっつり取り組んでみると面白いと思います ※以下メーカーサイト抜粋※ Codey Rockyは、STEAM教育用のエントリーレベルのコーディングロボットです。 使いやすいロボティクスハードウェアとビジュアルプログラミングソフトウェアmBlock 5の組み合わせにより、すべての子供たちがコードの世界に最初の一歩を踏み出し、最初の「Hello World!」を体験する機会を得ることができます。 •コーディングが簡単 MakeblockのmBlock 5プログラミングソフトウェアはMITのビジュアルプログラミング言語Scratch 3.0に基づいており、初心者でも数分以内にコーディングを開始できるようになっています。 •10個以上の電子モジュールを装備 10個以上のプログラム可能な電子モジュールで、Codey Rockyは広範囲の楽しい効果と機能を実行するためのプログラムを実行することができます。 •ハードウェアの互換性 Codey RockyはMakeblock NeuronやLEGO®ブリックと互換性があるように設計されているので、思いついたアイデアの幅を広げることができます。